読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAHALOHA

オーストラリア、ワーホリ、留学、シドニー。ONE PIECE、名探偵コナン、犬夜叉。ダックスフンド。ハワイ、ビーチ。徒然なるままに!!

ワーホリに行こう!と思ったきっかけ。

ワーホリに行ってみたい
…って思ってる方、多いんじゃないかなー?




ワタクシmahalohaはオーストラリアにワーホリに行きました!!1年間!!
でも途中で色々あって日本帰ったので実質9ヶ月くらい。
(色々あって帰国したエピソードはまた別の機会に。。。)


そしてさらに学生ビザ取ってオーストラリア戻ったので2〜3年オーストラリアで過ごしました♡



昔からぼんやりと、海外で生活してみたいなーって思ってたのね。
洋画が好きで、パイレーツ・オブ・カリビアンとかロード・オブ・ザ・リングとか。
なんていうジャンル?ファンタジー?←


そーゆー映画を字幕なしで観れたらいいなぁって思っていたのよ。
ぼんやりだけど。笑


そして、そーゆー映画の世界にあこがれてたの。
なんて言うか、自分が生きてる毎日とは全然違う世界。
すっっっごいエキサイティング!!って思ってた。


まぁ、映画の世界はもちろんフィクションなので行けやしないのだけど。笑
私の脳内では《海外》ってなってたわけです。はい。




「なるほど。でも、なんでそのタイミングでワーホリ行くって決めたの?」




…それはね、当時結婚を考えていた彼とお別れしたからよ。
結婚したらワーホリで海外行くなんて、まずできないでしょ?
本気で結婚する予定だったのだけど、お別れすることになって、結婚してないうちにできることやっておこう。人生1度きりだから!
って思ったのが、そのタイミングでワーホリに行ったきっかけです。
彼がいる日本で暮らしていたら、会いたくなってしまうかもしれない、いっそのこと元々興味あった海外に行ってしまおう!!ってね。


女ですから。笑
恋愛絡みで大きな決断しがちです。←





海外に住んでたって言うと、





「いいな〜!私も行きたい〜!!」

「でも、海外で生活してみたいけど、私には無理〜(^o^;)」






…こんなセリフよく聞く。あるある。笑






確かにね。その気持ちとってもわかる。
日本での生活をすべて捨てて行く覚悟を決めるのって、本当大変。
特に、私は社会人として働いてたから、余計に覚悟決めるの大変だった。



自分で全部お金出して、勤めてた会社辞めて、オーストラリア行ったら家族にも友達にも会えないし、知り合い1人もいないし、言葉も通じないし、家もないし、なーんにもない!!




なのに、わざわざ、大変だとわかってて、お金費やして、見知らぬ土地に飛び立つ勇気。






…はんぱないだろ。笑







保守的な人間からしたらとんでもないよね。
しかも私は生まれも育ちも地元で、1度も別の土地に住んだことなかったんです。
一人暮らしもしたことなかった。



もうね、行くかどうか悩んでた時は大変だったよ!
ネットでワーホリについて調べたり
エージェント調べて資料取り寄せたり
エージェントに相談に行くアポ取る時も、ネットで〚申し込む〛ボタン押すのにめっちゃ悩んだ。笑


ワーホリビザ申請の〚申し込む〛ボタンなんてもう悩みすぎてこわすぎてやばかったです。笑


よし!押そう!…いや、本当に行っていいのかな…不安だらけだよ…でも、行くなら今しかない…でも……のエンドレスリピート。笑
これをポチっと押してしまったら、もう後戻りはできない…という恐ろしさったら。笑





えぇいっ!!どーにでもなれ!!!




ってポチっと押した記憶がございます。笑
そこからがまた手続きやらお金のことやら会社辞めるやらで大変だったけど、申し込んだらもうやるしかないので、スーパー面倒ではあったけど出国までやることいっぱいで悩むどころじゃなかったな。



ビザ取得とか、語学学校とか、オーストラリアに関してのことはエージェントがサポートしてくれたので楽ちんだったけど、会社とか役所の手続きとか税金とか海外送金とか、そーゆーのがスーパー面倒だった。

その辺もおいおい書いていきます!



きっかけはどうであれ、
私は声を大にして言いたい。





ワーホリに行きたいと思うなら、行け!!!!!
人生1度きりだぞ!!!!